ジーニアスQuest

 読んで頂いた方が、自然に幸運になってツイテくるためのパワフルな方法
   継続力をつけるための習慣化のノウハウ
  オマケで右脳開発や速読法等の記事をアップしています。  

Category: あなたの生活に新たな変化を興す実践のための質問箱 


信念が強くなっている実感  ※やっている方じゃないとわからない 


読者の方から、ご質問があり以下のようにお答えしました。
一部加筆編集して記事にしてみますので、参考になれば幸いです。
Oさん!記事掲載にご快諾くださり感謝します。

( ここから )

Oさま


はじめまして

岡崎と申します。

お返事ありがとうございます。




>1ヶ月ほどまえに「変性意識」を検索してサイトにたどり着きました。
 >その後、「成功の実現」「心に成功の炎を」の二冊を読みました。

いや・・よかったです。
ホッとしています。

>さっそく心身統一法の寝入りばなの手鏡を持っての命令暗示、そして
>翌朝の断定暗示「わたしは信念が強くなった」を実践しています。

>三日目ほどからテンションが高くなり、しばらく落ち着いて一週間目
>ぐらいに過去の楽しかったことを寝際に思い出しているとじわっ
>と胸に来るものがあり、ちょうど14日目に「信念が強くなっている」
>実感のようなものがありました。


これ( 信念が強くなって自己信頼や自他を尊敬する念が増していく実感 )は

やっていればわかる

 ( 自然に出てくる感覚 )なのですが

やっている方じゃないとわからない・・

 言葉( 言語 )で説明するのが難しい感覚ですよね。





>周りの人間関係にも変化が出て来て
>いるので何か作用しているのかも知れません。
>ただ、私は心身統一法と同時に、気功体操、アルファ波音楽、瞑想
>アファメーションと何もかもいっぺんにスタートしてしまったので
>何が一番作用しているのかはよく分かりません。汗)


確かに

私の場合も

( 今までの苦労は一体全体何だったのか・・ )というくらいに

アッという間にプラスの意識に立て直されていきましたが・・

 そんなに目くじら立てることなく

  大らかに取り組んでいかれたらよいのではないでしょうか?



ちなみに


 

最初は、このインターネット時代に
 なぜこんな重要な情報をサイト等で公開する方がいないのか?という
ボヤキみたいなのを出発点として


恐〜る恐るサイト等に、ありのままの体験として情報公開したのですが





 私( 岡崎 )よりも、もっと莫大なお金( ご報告では1000万円近く )をかけて
能力開発的なことをやって啓かれたという実感が得られず


仕事もポカミスが多く自己嫌悪に陥っていて

 半ば投げやりになっていたような方が(汗


アッという間に精神統一がうまくなって仕事が早く正確になって
( 会社の中で )あれよあれよという間に出世した・・という報告をいただいたり(汗




  瞑想等が深く入れるようになった・・という報告を受けたりしています。



それに



 別にどの宗教に属していようが( 当方の関知するところではないし )


このメルマガを執筆している私なんかは大学生の頃から
( 理工系なのに )なぜか聖書やら仏典研究とかを
( 何かにかぶれているんじゃないかと思われるのが恥ずかしいので )
大学の友人にも知られないようにコソコソと聖典研究やらを独自にやっていたようなクチでして(汗





 ( ちなみに聖書やらの聖句なんかは、今でも聖書を見ないでも、あそこらあたりには、どういう聖句が書かれていたかについて、ある程度はポンポン引用できます。実生活ではあまり役に立ってませんが・・(汗 )



 そんなことはさておき(汗







何を信条としていようが


 何を信仰しようが、そーーーんなのは別に構わないんじゃないかな・・と今でも思っていますが(汗




  さーーーんざん、いろんな宗教団体を巡り歩いて真剣に求めていたような方で、
あきらめていたような方やらも

別人のようになったようだ・・というご報告をいただいたりしています。(汗

( ※あきらめていた・・という表現が何か物悲しいですけど )






 サイトだけが原因とは思えませんが


  ノイローゼやらが治ってしまっていた・・とかいうのも
( サイト公開以来 )幾十人も報告をいただいています。(汗




そういう論より証拠の無言の事実からも

やはり

 中村天風というお爺さんの体系化した心身統一法は
〔 本物中の本物 〕として薦めてはいますが(汗

( 特に口述書がとっかかりとして非常によいみたいです )


私( 岡崎 )のスタンスとしては

共感できて取り入れることが出来そうなものから取り入れて
自らの体験で確かめていかれればいいんじゃないかい、、

という・・「 結果オーライ 」のきわめて大らかなスタンスです。(汗






いずれにしろ

何が一番作用しているのか?とか、目くじら立てたりせず

大らかにご自身を観てあげたらよいのではないでしょうか?(汗

余計なお世話かもしれませんが(汗




>でも中心は心身統一法に置いているつもりなので、信念が強くなった
>と感じるのはやはり「来た!」という気がしています。


思わずニヤッと笑ってしまいましたが
面白い表現ですね。( 笑 )



>一番うれしいのは
>「怒り」を感じることが激減しました。あの背中を上ってくるイヤーな
>感触からは間違いなく解放されつつあります。


怒りや怖れを感じるのは人間ですので当然ですが



 怒りや怖れにまかせて怒りまくる・・怒りをどんどんエスカレートさせていたり

  恐れを誇大増幅して

  恐れるから恐れる、、というような処理をしていたのが



怒りや怖れを感じた

 その後( あと )の咄嗟の後始末が巧くなって、、

 肉体操作で( へそより下で衝撃を受け流すことで )弱めることで


   パッパッと心機転換できるようになってませんか?




 まあ、本質問題として

 何に対して怒りや哀しみ、、強い喜びを感じるか、、というのもありますけど。(汗

 陰湿ないじめをして喜ぶような、、哀れな最低級の人間も( 世の中には )いますので。(汗


( 2通目 )

Oさま

お返事ありがとうございます。
岡崎です。


> 心身統一法については書籍に入っていた小冊子
> 「日常心得集」に書かれていたとおりに実践して
> みました。サイトに書かれてあったことも参考に
> してとにかくやってみたという感じですが、変化が
> 実感できると毎日が楽しくなって来ました。

毎日が楽しくなってきた・・というのは、私にとって嬉しい感想の一つです。


> これから軽く体操して「おまえは信念が強くなる」暗示で
続きを読む




心の上位圏の高次の吾から

( ぬるま湯的で惰性的なマイナスの固定観念・・古い習慣軌道に封じられていた )

  意志の力がちょっとずつでも出てくるようになってくると

本当に( たった )これだけでも全然違うはずです。









 ブログ記事やらでも、一貫して、あまりにもひつこく「 成功の実現 」「 心に成功の炎を 」等の口述書を

読んで自分なりにまとめてみることを薦めていますので

 







サイトをお読みいただいている読者の方のから













( 私のひつこさに負けて )(^_^;



「 成功の実現 」とかも図書館で借りた後

          購入してじっくり読んだけれども(^_^;



  書いていることがさっぱりわかりません。







 特に



 述書の「 成功の実現 」第4章と第6章については



  簡単に書いているけれども理解するのが難しいです・・。



 という





 私にとっては最も凹みやすい、、

 天風解説本ならいざ知らず

   なんであの本を読んでわからないのだろうか、、と

ため息交じりでつい思ってしまう( 弁慶の泣き所の )切ない感想もいただきました。( . .)





続きを読む

観念要素の更改がうまくいかない 




サイトの内容を実践した方からのご報告やご質問のうち
Tさんからのメールを紹介させていただきます。


私の回答部分は一部を編集、加筆して( 抜粋して )掲載しています。



Tさん!記事掲載にご快諾くださり感謝します。




( ここから )


Tさま


お返事ありがとうございます。
岡崎です。






>
それは、例えば、市販のイメージ誘導のCD等を使ってCDの言葉通りにイメージする場面があるのです
>
が、そこでイメージをしようとしても、心のなかで批判的な判定をされて「そんなもの手に入
>
>
るわけがない」「何をやっても無駄」などどというマイナスの思いが湧いて、どうもイ
> メージすることに集中できないのです。
>
それは以前「観念要素の更改法」を実践しているときにも同じようなことがありました。
>
>
「観念要素の更改法」に関して、岡崎さんのレポートを読んで、かつ「 成功の実現 」を読ん
>
で、素晴らしく簡単にできる方法があると頭で納得していました。
> そして、いざ実践しようと、夜寝る前に気持ちを明るく朗らかに生き生きと、と気持

>

> ちをコントロールしようとするのですが、やはり批判的な判定をして、
>
>
「ムダでしょ」「何やってんだか」という思いが湧いてきて、毎日試みていたのですが、どう
>
>
にも気持ちを明るくすることができなかったのです。










生命生存力が消耗し、お疲れになっているというのもあるかもしれません。


そういう思いが湧いてきたら
続きを読む

↑このページのトップヘ