ジーニアスQuest

 読んで頂いた方が、自然に幸運になってツイテくるためのパワフルな方法
   継続力をつけるための習慣化のノウハウ
  オマケで右脳開発や速読法等の記事をアップしています。  

Category: あなたの生活に新たな変化を興す実践のための質問箱 




心の上位圏の高次の吾から

( ぬるま湯的で惰性的なマイナスの固定観念・・古い習慣軌道に封じられていた )

  意志の力がちょっとずつでも出てくるようになってくると

本当に( たった )これだけでも全然違うはずです。









 ブログ記事やらでも、一貫して、あまりにもひつこく「 成功の実現 」「 心に成功の炎を 」等の口述書を

読んで自分なりにまとめてみることを薦めていますので

 







サイトをお読みいただいている読者の方のから













( 私のひつこさに負けて )(^_^;



「 成功の実現 」とかも図書館で借りた後

          購入してじっくり読んだけれども(^_^;



  書いていることがさっぱりわかりません。







 特に



 述書の「 成功の実現 」第4章と第6章については



  簡単に書いているけれども理解するのが難しいです・・。



 という





 私にとっては最も凹みやすい、、

 天風解説本ならいざ知らず

   なんであの本を読んでわからないのだろうか、、と

ため息交じりでつい思ってしまう( 弁慶の泣き所の )切ない感想もいただきました。( . .)





続きを読む

3年ぶりの嬉しいメール  ※ふと当時の事を振り返ってみると  







今回は、サイトの内容を実践した方のご報告のうち、ご感想は短いけれども

実によいコメントだったので

私の回答部分は一部を編集、加筆して( 抜粋して )掲載します。



Kさん!記事掲載にご快諾くださり感謝します。





( ここから )



( 1通目 )



Kさま





お返事ありがとうございます。

岡崎です。



>いつもお世話になります。

>Kです。



>3年ほど前にメールさせてもらった者です。

>3年前に岡崎様のホームページと出会って以来、ふと当時の事を振り返ってみると

>自分が達成したいと思っていたことが全て叶っていることに気づきました。

>3年前の自分からは考えられないですが、今は素敵な妻と高層マンションに住む生活を手にしました。

>3年前に岡崎様のホームページに出会えたことに感謝しております。





先月から今月にかけては、

 ある事で、とてもよいものを発見した!とヌカ喜びして

  その後、思わぬ展開に、戸惑った出来事もありましたので、こういうメールは実に励まされます。





ありがとうございます。


どういう実践をメインにされましたか?



差し障りなければ教えていただけませんか?





メルマガ読者の方の実践の励みになると思います。





( 2通目 )



Kさま



お返事ありがとうございます。

岡崎です。



>岡崎様のホームページを一通り読んだ後、自分の実現したいことを

>宝地図にイメージを落として、毎日眺めながら何をしなければならないかを考え、「行動」に移していっただけです。

>岡崎様のコンテンツのキモの部分ですね。





これ・・いいコメントですね。



簡単だけどいいです。



もう2、3質問

今度はちょっと抽象的ですが

続きを読む


読者の方からの質問にお答えしたなかで、考え方やらのヒントに

なりそうなものの一部を加筆編集して( 抜粋して )掲載します。



Yさん!記事掲載にご快諾くださり感謝します。



( ここから )











Yさま



お返事ありがとうございます。

岡崎です。





> 私は、自分が難病を抱えて生まれたのは、

> 単なる遺伝子異常が原因で、それは仕方が無い事で、

> 一生それを抱えて、生きて行くしかしょうがないと、考えていました。

>



もちろん、生まれたときに難病という体の状態であった、、というのは、やむを得ない処はあるでしょう。



しかし



難病や大きな肉体的障害( 肉体的ハンディキャップ )を抱えている、、というのは、



馬である肉体が不便な分、肉体を取り扱うのが非常に難しく、

脳領域のうち、未開発の領域を過剰に負荷をかけて脳神経回路を開発、強化させなければならないし



騎手である吾が、取り扱うのが難しい馬( 肉体 )で生活をすることを余儀なくされ、

( 普通に生活するのすら )困難が生じるため

より高い制御力が要求される分、内性や徳性も、より鍛えられ磨かれる、、



だから、わざわざ難しい道を( 敢えて )選ぶ偉大な魂もある、、とする説( 観方 )もあります。

( 真偽は別にして(^_^;) )





難病や大きな障害、、肉体的ハンディキャップを抱えている方のなかから、

人々に大きな勇気、希望を与える徳望ある人物が多く輩出される傾向があるのも

そういう理由が、一部にあるから、、ではないでしょうか?



( ※ただし、健常者のなかには徳望ある人物がいないという

意味ではありませんので念のため )



続きを読む

↑このページのトップヘ