aamall

ありがとうございます・・散歩

2009年07月09日

【 愚痴、ぼやき等、否定的な言葉の修正法 】「 ありがとう の 言葉の力 」





【 愚痴、ぼやき等、否定的な言葉の修正法 】「 ありがとう の 言葉の力 」



メルマガやらブログをよく読んでいらっしゃる読者の方から

Q 「 岡崎さんは、サイトやらでも( ありがとうございます )という感謝と調和をもたらす言葉の使い方の重要性を説いていますが



 どれくらいこのシンプルな言葉を自らに言い聞かせ響かせましたか? 」というご質問がありました。



 



私( 岡崎 )の場合は、すぐに愚痴やら、ぼやき、不平不満、否定的な言葉を口に出してしまう癖があって



それを直したいと思っていましたので





ずいぶん以前( 何年も前 )に

しっかり記録を取って行為の誇張・増幅フィードバックしたことがあります。



習慣の慣性力が発生し、形成されやすいように



 最初の3週間、連続実践し



さらに4ヶ月間延長して





厳密な記録をしたのは4ヶ月間だけですので

正確な回数は把握していませんが



歩行瞑想みたいな感じで、散歩のとき( 1日 15分〜20分くらい )に

景色やら草花の存在を楽しみつつ・・てくてく歩きながら、やり始めました。







歩行瞑想っていうのは



足が地面を離れ、移動し、再び地面に着く、そのような足の動きに注意を向け



体の動きに伴って生ずる身体感覚( 体感 )に氣づいて

「 今 」に在る感覚を養う方法です。







散歩のときに、足が地面を離れて( 着地する身体刺激と同時に )

《 ありがとうございます 》 と心のなかで呟き 







現在の事柄について

喜び( 恩恵 )を数え

《 ありがとうございます 》という言葉で嬉しいなぁという気分を盛り上げ増幅したり









これから起こることに対する調和的なことに対して予約を入れるような感じで





感謝の言葉( ありがとう )の言い聞かせをしていた時期がありました。









2009年現在で 50万回以上は平凡な生活をして、いろんな出来事に遭遇し体験していくなかで

言い聞かせ、響かせたかもしれません。







( 散歩のときが殆どで、特に意識して

やっていたのが2005年〜2006年で、現在は、何となく口癖になって、馴染んでいるようなので、特に意識的には、やってません )









ただ



天風先生が寝床に入る前に行なっていた儀式は、私( 岡崎 )も今でも

ずーーーっと続けています。



天風哲人は



 「 今日1日、本当にありがとうございました。ほんとうに嬉しく、ありがたく、これから休ませていただきます。 」

 と満面の笑みを浮かべてシンミリ口に出して





お前は信念が強くなる! と呟いて寝床に入っていらっしゃったようですので。



続きを読む

navikan at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月15日

感謝念を強くする( ありがとうございます!散歩法  )

感謝念を強くする( ありがとうございます!散歩法 )




  
私のなかでは、天風哲人の方法論が「 ( 内的 )軸 」になっていまして


( 心と身体をまとめてひとつにして使う )具体的な方法が地図のように心に
存在しています。


また

 別に誰に頼まれたわけでもないのですが( 汗

 

 この中村天風という方の方法論の実践の( 段差 )を低くしたいという思いも
私のなかで強くなっていまして

 あれこれ創意工夫しながら、試行錯誤をしています。

 ありがとうございます!を口癖に!



上記のページにも書いていますが


感謝の念を継続するというので具体的に
私( 岡崎 )が今でもやっているのは

「 ありがとうございます・・ 」という感謝の積極的な言霊をつぶやきながら



リズミカルに散歩をするということもやっています。


私には、実際に散歩コースがあります。

そうして

どの散歩コースも

重心を下げて、軽く腰を締めた軽いクンバハカ体勢で、( 重みを下に感じながら )
リズミカルにテンポよく楽しく気楽につぶやきながら歩いています。

散歩でやっていますので、1日2千歩くらい歩きますと
すぐに1万回のありがとうございます!という積極的な感謝の想念の言葉を
発信することになります。



積極的な言葉の波動が再反射して戻ってくるときの

倍加作用もちょっとだけ期待しながら呟いています。( 笑 )


もし、あなたが言葉が氣分や神経系統に与えるインパクトを体験的に自覚していて


 私がサイトに書いているようなことを実践なさっているのでしたら
続きを読む

navikan at 01:11|PermalinkTrackBack(0)