ジーニアスQuest

 読んで頂いた方が、目標達成力を培うためのパワフルな方法
   継続力をつけるための習慣化のノウハウ
  オマケで右脳開発や速読法等の記事をアップしています。  

神経反射の調節法 ・・クンバハカ体勢のこと

またもやクンバハカ 「 初心忘るるべからず 」

 またもやクンバハカ 「 初心忘るるべからず 」
 

読者の方からの質問にお答えしたなかで、考え方や実践のヒントになりそうなものの
一部を編集して( 抜粋して )掲載します。


サイトの内容を実践している方じゃないとチンプンカンプンかもしれません。

 一方・・この記事は、サイトを実践している方にとっては
 もう既出の事柄・・当たり前のことばかりで真新しいことはない・・ですし
ヒツコイので、もういい加減にしてください!と怒られそうな記事かもしれません。




( ここから )


> 嫌な感情が上がってきたときはクンバハカ体勢で対処しています。
>ただクンバハカ体勢はストレスを受けたときにする後的な対処だと思うんです。


 確かに・・そういう観方もできます。

( クンバハカ )は、心の波立ちを鎮静化させることもできます。


一方

クンバハカはヨーガの神髄・・のひとつで
これができている時
その人はだれからも尊敬され

本当のクンバハカができたら猛獣をも黙らせ、なついた猫みたいに大人しくさせる・・と言われています。

( 何らかの見えざる力が強く放射されるからじゃないか・・と私は思うんですが )


 この「 特別な身体の持ち方 」は、ヨーガの行者が難行苦行にも耐え得る( 生命 )活力を
持続した心身にするための方法で

インドでは口伝も禁じられていた方法であるとも言われています。

 


天風先生が、心身統一法を説き始めた・・初期の頃は、クンバハカは

続きを読む

100%の効果   ひつこくクンバハカ体勢


 100%の効果   ひつこくクンバハカ体勢 



前回のメルマガで


私( 岡崎 )自身の生活に

事実として生じたような平凡な奇跡

すなわち


★生命力が衰え

★あれほど神経過敏で

ドラエモンのジャイアンのごとく、( くだらないことに )すぐに
かっ!と頭に血が上って
★血気にはやり

のび太くんみたいに

ちょっと出来ないと
★すぐにあきらめる根性なしになってしまい
前向きかつ積極的に思いたくても思えなかった
★不平不満・・失望落胆、ほぼ自暴自棄の塊のようになっていた私のような者が


( 生き生き新鮮に感じせしめるアンテナの感度が調子を取り戻して
 好奇心も蘇って、そこはかとなく平安で穏やかな氣持ちでいれることが多くなり
 感謝やら感動が、なんとなく増えて
生命力が高まって
★動じにくく、かつ疲れにくくなって
心身を( 生命の要具として )取り締まる上位( 内側 )の垂直な力が
すっと煥発されやすくなり
嫉妬したり
憎んだり
他人を羨んだりすることが極端に減り
くだらないことを考えにくくなり
思うための集中力が強くなった・・という体験があります  )

こういった平凡な奇跡がサイトをじっくりお読みになって実践した方に起きてないようで
現在では5%くらいです。

と( かなり弱音を吐いて )書きましたら 

いろいろな反響がありました。

「 あの小冊子やらサイトに書いている内容で5%というのはあり得ない数字です。
( 少なくとも実践した方の80%以上の方が効果を実感していい )と私は思います!」

といったメールやら

「 5%というのは、すごいです!驚異的な数字です。」

というメールまで様々でした。

メールを下さった方々


この場を借りて篤く御礼申し上げます。m(__)m


正直に本音を申しますと
続きを読む

肩の凝りをとるおススメの自己操体法

肩の凝りをとるおススメの自己操体法
 



 メルマガ読者の方から

「 私は、相当な慢性的肩こりなのですが
肩の凝りをとるおススメの自己操体とかありますか? 」というご質問がありました。


 あくまで私のやり方なのですが

  
   私の場合は

天風先生の方法( ヴリル移送法 )を
応用するようなかたちでちょっとアレンジしています。


 それは以下のような方法です。

  
 
  
 1 凝っている肩を意識して

   新鮮なヴリル( 生命活力 )を口・・鼻・・そして眉間からすーっと
吸い込んで


 止息( クンバク )し肛門をぐっと丹田に向けて垂直に締め上げて



親指を内側に握りこんで捻( ねじ )りながら
 次に


 2 肩をぎゅーーーっとあげるとともに

    ぎゅうーーーじわーーーームーーーーと親指を内側に捻りこみながら
腕にもジワリジワリと力をかけていきます。


  そうして


3 吸い込んだときの活力( ヴリル:氣 )を丹田から肩にグッと送って

   肩の凝りの箇所を想像といいますか注意を向けて


   20秒ぐらいグーーーーッと力を込めたままクンバク( 止息 )し
    

  しあげに
続きを読む

カテゴリ別アーカイブ
当ブログについて

このブログは、仕事や生活をする上で
役立った方法等を紹介しています。
 

 メルマガも発行しています。



記事検索
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ