aamall

速読法のこと 

2009年05月08日

ちょっと変わった速読トレーニングのナヴィMAP 周辺視野の広げ方 変性意識への入り方と活性化法  みかん集中法のアレンジ





ちょっと変わった速読トレーニングのナヴィMAP
( 日常メンテナンス )

ご覧のあなたは

メールやブログ、資料などの情報を今より速くこなしたい

資格試験などの試験に合格するために限られた時間で知識を吸収したい


仕事で必要な情報をより多く、速く得たい



読もうと思っている山積みの本をなんとかしたい



と思ったことはありませんか?

そのために速読のトレーニングをしたり、教室に通っていらっしゃる
方もいるかもしれません。

このページでは、そんなあなたの努力を支えるために、読書速度を維持するための
速読訓練の日常メンテナンスに的を絞った内容を掲載しました。

もちろん、速読トレーニングの土台をつくるのにもお役立ていただけると信じています。



  

私の場合は、教室とか講座とか通うことなく
  ( 通ったりする時間的余裕がなかったというのがありますが )
  独学・独習で速読とかが・・いろいろ工夫をすることで出来るようになっていったのですが

   自己分析してみたら・・やはり・・心身統一法の実践の重続で無形奔放な生命の内容量が豊富になって自己統御をする意志の力やら根気、精神精力( 克己する力 )が増した・・ということ
 特に通常意識では自覚されない識閾下に沈んだ奥底の思いを自己責任で洗う観念要素の更改等で潜在意識のなかに詰まった汚れと云うか・・不調和な・・雑念・妄念・・悩苦の不快念素をウォッシング・・ごしごし洗濯し

 更改( 入れ替える:reformation )( ふと思わせ感じさせ思いや判断に影響を与える・・思ったり考えたりするよりも下層面の思考原料の充満した潜在意識のなかの土管掃除:心の特別なお手入れ )やらをしつつ神経反射の調節法( クンバハカ )やらプラナヤマ呼吸法を習いにして心身の処理性能をよくしていったのが
SRS速読等の王道的な( 高速眼球訓練やら呼吸法等の訓練を伴う )速読の独習での習得でも近道のひとつだったように思います。

なぜ近道だと思ったかと申しますと 

心身統一法を地道・・単純に実践していったら


 意志( 氣 )の力が出てきて心があっちこっち散らされたり・・揺さぶられにくくなり
かつ
 呼吸法やらで


 心が・・こだわりなく・・凪いだ・・波立たない・・・きれいな状態になりやすくなって外界の印象を心にそのまま映しやすくなったというか

速読する力を支える基礎的母体力である心象を描いて追想するときの明瞭度やらも妙に高まって

・・ありゃりゃ・・というような感じで( 以前より )出来るようになったように思います。( 負けん気や根気が出てきたのも大きかったです )


  


 
前置きが長くなりましたが
 ※速読方法の簡単な手順と訓練法も( 参考までに )列挙しておきます。


心と体の準備



やや変な表現ですが、構えたりしないで

身体の緊張( こわばり )を弛めて、楽な姿勢にし

呼吸で鎮めていくことで
ちょっと恍惚としたような・・スガスガしい・・しかし生命が引き締まった


表面意識( 顕在意識 )の活動のうち疑心暗鬼的、疑念・・へ理屈的な活動が緩慢になった・・・あるいは、休んだ状態にし
自らゲル化させ( 特に上半身の力を抜いて )本との懐かしさ・・馴染み・・親和性が高まった・・本のなかにポトリと自らを溶け込ませるような「 無駄な力、力みを抜きつつ腰周辺は充実したような・・澄んではいても高揚した心のあり方 」
で臨むようにします。( 所要時間30秒 )


※変性意識( ASC )にもいろいろな種類がありますが通常の意識状態とは見え方、感じ方が普段の状態とは少し違う・・・爽やかで・・澄みつつ・・はからいのない状態
としての変性意識( Altered state of consciousness )に( 心身統一法の実践の重続で、以前よりも )そういう意識状態に入りやすく( 引き出され )やすく
なった
ように思います。
( ※ぼーーっとしたりポカンとしたような・・うつろな状態ではないですので念のため

フォトリーディングなどにもあるように

あらかじめ、読む目的( 読んだことをWhen、いつ Where、どこで、何に、How to いかに役立たせるか?・・課題を明確にすること )
です。


アファメーション( 自己宣言、自己スローガン )を施して拡散しやすい心(脳)にあらかじめ方向を与えて焦点( 水路 )を作っておくのもいいかもしれません。
続きを読む

navikan at 23:56|PermalinkTrackBack(0)

2009年03月06日

ちょっと変わった速読の方法についてのQ&A

読者の方からの
速読のことについてのQ&Aを掲載します。



( 1通目 )


Fさま



はじめまして



岡崎と申します。





本日メールしたのは、速読の目の使い方について教えてもらいたかったからです。

私は『栗田式 仕事力を10倍高める速読トレーニング』と言う本を使っています。

両手を開いて向かい合わせて指をジグザグにすばやく視線を移動させるトレーニングや、一分間に数千字のペースで視線を走らせるということを半年くらい休み休み続けてきました。



それはすごいです。





でもその度に、目の筋肉が緊張して、硬くなってしまいます。



眼球を素早く動かすと決まって体調が悪くなります。岡崎さんはこのようなことがありませんでしたか?




うろ覚えの体験なのですが・・

確かに・・眼球訓練をすると( 馴れないことをしているため )

 最初のうちは脳が揺さぶられる感じで

ちょっと気持ちが優れないような感覚になったことがあります。



※ただ・・私の場合・・馴れたのか・・3週間から一ヶ月くらいでそういうことはなくなったです。







それに



思ったとおり( イメージどおりに )に滑らかに眼球が動いてくれず

くそーーーっと悔しく思ったり



 メルマガとかでも書いたことがあったのですが



イライラしたことも度々ありました。( 最初の1ヶ月〜2ヶ月くらいは・・訓練してもなかなか進展がなく・・ 挫折しそうになりました。 )









目が緊張して硬くなる・・というのは・・今まであんまり使ってなかったから

目の筋肉痛という見方も出来るかもしれませんが





一方で



意識が下がってないのかもしれません。



 ため息のようなゆっくり長〜〜く吐く心地いい腹式( 丹田 )呼吸とかをしていると



視野も広がって



両掌を横・縦・斜めに広げたときの( 見え方・感覚体験・感じ方 )がシフトし





 かつ





心が鎮まって文字やらページがクッキリ鮮明に見え





 眼球が滑らかに動かないギアが外れる領域がありますので。











左側の手のひらの5本の指と右側の手のひらの5本の指





を交互に見つめて眼球を動かしているときに



 この両手の指やら手のひら の全体の空間を



 ノペッ と見て 一望( 展望 )しつつ





 見晴らし( 見通し )をよくしてチクタクとリズミカルに動かしていかれたら





 やがて





  視野が広がって 更に のぺっ としてくるはずです。







速読の習得を諦めたくはないのですが、このような現状です。







( 速読関係も )かなりの数の相談にのってるのですが・・。

SRS速読は習得するのが難しいみたいですね。



非常に優れた体系だと私は思うのですが・・。



今までの二倍でも三倍でも良いので読書速度を上げたいと思っています。視線を素早く動かさない

あまり目に負担のかからない速読方法ってないものでしょうか?


 





 丹田呼吸とか( SRSの場合は共鳴呼吸 )

で意識を下げて・・目に負担のかからないストレスフリーの領域( 意識の場 )で読む感じでして

 周辺視野が活性化してくると

  目を動かす感覚すらなく意味が響く感じになるのですが・・( 汗















フォトリーディングは伝統的な速読ではないですが

 



 『ボンヤリ見るだけ(眺めるだけ)』で



「 これは地図だ!文字が書かれている訳ではない! 」という

 言い聞かせをし←ある意味・・自己暗示 ( 汗



 そういう先入観を持って眺めるように( 努める )

だけでも、違うかと思います。





 内語干渉させて( 音読しようとする言語野の働きを抑えて

 ・・別に・・リーラックス・・リーラックス・・じゃなくても



続きを読む

navikan at 06:11|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年11月24日

フォトリーディングに関するNASA報告について

フォトリーディングとかは
 エモーショナルマーケティングと言いますか・・ 広告がとっても上手で強力ですから本とかをお読みになったら講習に行きたくなる方もいらっしゃるかもしれません。

時間と金銭的な余裕があるのでしたら、本を読むということに対して いろんなアプローチ法があるのだということを知るという意味では参加されていいかもしれません。
こういった講習会とかには、( 当然 ) 向学心、向上心の高い方が参加するはずですので、よい熱気を受けて 好ましい感化を受けるかもしれませんから。
ただし、一方では・・とりあえず  フォートリーディングの講座( 講習 )をただ受けさえすれば

 「 万事解決!! 」

  「 あなたもすぐに天才になって・・」

「 本をパラパラとめくるだけで、文字が
すらすらと
絵のように
まるで流れるようにして
写真のように滑らかに入って正確に表現できる 」

 「 写真のように保存されて想起される 」

 とかいうような誤解をしている方がごくごく一部にいらっしゃるかもしれませんので
この記事を書いてみました。

そんな誤解をしている方は・・少数派・・とは思いますが・・。
とりあえず独学した感じでは
SRS速読は・・習得は非常に困難ですが
   トレーニングを積めば、かなりそれに近づくようになる感じがしますが

フォトリーディングは、そういうのではない( 体験上 なかった )ような氣がします。
続きを読む

navikan at 18:21|PermalinkComments(8091)TrackBack(0)