ジーニアスQuest

 読んで頂いた方が、自然に幸運になってツイテくるためのパワフルな方法
   継続力をつけるための習慣化のノウハウ
  オマケで右脳開発や速読法等の記事をアップしています。  

Category: 速読法のこと 

読者の方からの
速読のことについてのQ&Aを掲載します。



( 1通目 )


Fさま



はじめまして



岡崎と申します。





本日メールしたのは、速読の目の使い方について教えてもらいたかったからです。

私は『栗田式 仕事力を10倍高める速読トレーニング』と言う本を使っています。

両手を開いて向かい合わせて指をジグザグにすばやく視線を移動させるトレーニングや、一分間に数千字のペースで視線を走らせるということを半年くらい休み休み続けてきました。



それはすごいです。





でもその度に、目の筋肉が緊張して、硬くなってしまいます。



眼球を素早く動かすと決まって体調が悪くなります。岡崎さんはこのようなことがありませんでしたか?




うろ覚えの体験なのですが・・

確かに・・眼球訓練をすると( 馴れないことをしているため )

 最初のうちは脳が揺さぶられる感じで

ちょっと気持ちが優れないような感覚になったことがあります。



※ただ・・私の場合・・馴れたのか・・3週間から一ヶ月くらいでそういうことはなくなったです。







それに



思ったとおり( イメージどおりに )に滑らかに眼球が動いてくれず

くそーーーっと悔しく思ったり



 メルマガとかでも書いたことがあったのですが



イライラしたことも度々ありました。( 最初の1ヶ月〜2ヶ月くらいは・・訓練してもなかなか進展がなく・・ 挫折しそうになりました。 )









目が緊張して硬くなる・・というのは・・今まであんまり使ってなかったから

目の筋肉痛という見方も出来るかもしれませんが





一方で



意識が下がってないのかもしれません。



 ため息のようなゆっくり長〜〜く吐く心地いい腹式( 丹田 )呼吸とかをしていると



視野も広がって



両掌を横・縦・斜めに広げたときの( 見え方・感覚体験・感じ方 )がシフトし





 かつ





心が鎮まって文字やらページがクッキリ鮮明に見え





 眼球が滑らかに動かないギアが外れる領域がありますので。











左側の手のひらの5本の指と右側の手のひらの5本の指





を交互に見つめて眼球を動かしているときに



 この両手の指やら手のひら の全体の空間を



 ノペッ と見て 一望( 展望 )しつつ





 見晴らし( 見通し )をよくしてチクタクとリズミカルに動かしていかれたら





 やがて





  視野が広がって 更に のぺっ としてくるはずです。







速読の習得を諦めたくはないのですが、このような現状です。







( 速読関係も )かなりの数の相談にのってるのですが・・。

SRS速読は習得するのが難しいみたいですね。



非常に優れた体系だと私は思うのですが・・。



今までの二倍でも三倍でも良いので読書速度を上げたいと思っています。視線を素早く動かさない

あまり目に負担のかからない速読方法ってないものでしょうか?


 





 丹田呼吸とか( SRSの場合は共鳴呼吸 )

で意識を下げて・・目に負担のかからないストレスフリーの領域( 意識の場 )で読む感じでして

 周辺視野が活性化してくると

  目を動かす感覚すらなく意味が響く感じになるのですが・・( 汗















フォトリーディングは伝統的な速読ではないですが

 



 『ボンヤリ見るだけ(眺めるだけ)』で



「 これは地図だ!文字が書かれている訳ではない! 」という

 言い聞かせをし←ある意味・・自己暗示 ( 汗



 そういう先入観を持って眺めるように( 努める )

だけでも、違うかと思います。





 内語干渉させて( 音読しようとする言語野の働きを抑えて

 ・・別に・・リーラックス・・リーラックス・・じゃなくても



続きを読む

フォトリーディングとかは
 エモーショナルマーケティングと言いますか・・ 広告がとっても上手で強力ですから本とかをお読みになったら講習に行きたくなる方もいらっしゃるかもしれません。

時間と金銭的な余裕があるのでしたら、本を読むということに対して いろんなアプローチ法があるのだということを知るという意味では参加されていいかもしれません。
こういった講習会とかには、( 当然 ) 向学心、向上心の高い方が参加するはずですので、よい熱気を受けて 好ましい感化を受けるかもしれませんから。
ただし、一方では・・とりあえず  フォートリーディングの講座( 講習 )をただ受けさえすれば

 「 万事解決!! 」

  「 あなたもすぐに天才になって・・」

「 本をパラパラとめくるだけで、文字が
すらすらと
絵のように
まるで流れるようにして
写真のように滑らかに入って正確に表現できる 」

 「 写真のように保存されて想起される 」

 とかいうような誤解をしている方がごくごく一部にいらっしゃるかもしれませんので
この記事を書いてみました。

そんな誤解をしている方は・・少数派・・とは思いますが・・。
とりあえず独学した感じでは
SRS速読は・・習得は非常に困難ですが
   トレーニングを積めば、かなりそれに近づくようになる感じがしますが

フォトリーディングは、そういうのではない( 体験上 なかった )ような氣がします。
続きを読む





フォトリーディングのこと SRS速読のこと  挫折しなかった理由




速読というのは、第二義的なことですが、フォトリーディングについても結構ご質問を
受けるようになっていまして
( 私自身、速読のインストラクターでもなんでもないのですが )

私なりに解説しますね。

確か、以前にも、ちょっと書いた氣がしますが。( 汗


私のメルマガとかブログ読者にはSRS速読を習得した方からのメールは多くないですがフォト
リーディングが出来る人は( メールをやり取りした感じでは )多いようです。


読者の方のなかには、どちらも、ある程度マスターしている方もいらっしゃるとは
思いますが
 習得している方は整理の意味でざっとお読みになったらいいかと思います。

 
フォトリーディングは、大枠では5つのステップ( 柱 )からなっています。

とりあえず、私は・・フォトリーディングは・・潜在系を利用する読み方であって・・従来の速読・・ではない・・と思っています。
1 準備

これは読書の目的を設定し、ミカン集中法といって読書するのに最適なリラックスした
集中状態にすることを言います。

 頭の上 30cmくらいの位置に

みずみずしく甘酸っぱいみかんが浮かんでいるというイメージングと視点( 視座 )
を持つことで

( 物理的にも )パイロットアイと言いますか

( 視野の広がり )が感じられるはずです。

 私が( ずいぶん以前に )工夫していたのは甘酸っぱいほのかな芳香のする
ミカンを実際に頭の上の30cmくらいの空間位置に配置して
 その空間位置に視座があったらどういう視野になるかを何回も確認したりしました。

とりあえず、自らの身体感覚がグン!と広がった感じがあればいいんじゃないか・・と思われます。
2 予習

本の目次やらをさっと眺めて

何も考えずに本をぱらぱらめくって、何度も繰り返されているキーワードやら
自分自身にとって心に響く( 氣になる )単語やらを5〜10個ぐらい見つけるようにします。

1〜2までで2〜3分ぐらいかけます。
( 氣になる )というのと( 著者の問題意識《 問い 》に自分自身を同調・同化させていく )とか
いうことが秘訣かもしれません。
まあ、それが響くキーワードともいえるわけですが・・。

私は独習なので、よくわかりません。



3 フォトリーディング

読もうとしないで( つまり言語野を働かせないで休ませて )、ページの文字を図柄の
ように本全体をぼんやり、うっとりと眺めて、( 目をゆるませて )立体視的な
フォト・フォーカスにしてリーラックス・リーラックスとリズムよく呟きながら
運動性言語野( 内語 )が働くのを干渉させて

本を1ページ1秒くらいで、リズミカルにテンポよくぱらぱらめくっていきます。
リーラックス・・ではなくメトロノームの音で心の言語的会話を抑制させたりしている方も いらっしゃるようです。
SRS速読ではクロス法・・あるいはパラレル法という立体視技法の「 目の使い方 」になるかと思われます。

フォト・フォーカスというのは目の焦点を本に合わせないで
本がダブって丸ごと見開きページ全体が見える状態(ブリッジ・ページ)を作ると
いうことです。


※とりあえず・・私の場合は・・この目の使い方での読み方は今はやってません。

フォトリーディング的な速読の場合はSRS速読と違って

 当初は

本の内容は、あんまりわかりませんでした。( あくまで私の体験では )

ただ、うまく入力すると日常生活で後になってふっと役に立っているということは
何度か経験したことがあります。

骨格やら大まかな体系が絵としてリラックスした心に映画みたいに心地よく響く感じです。

また

フォトリーディングの本に強調して書いているかどうかは不明ですが

★リズミカルにテンポよく行うということ

★うっとりした心地よさ( 楽しさ・快感 )

★言語脳( 大脳の言語を司っている領域 )の働きを抑え音で干渉させること


というのが潜在系に上手に情報を落とし込んで引き出す秘訣ではないかと私は思います。



 4 活性化( アクティベーション )

フォトリーディングが終了したら活性化を行います。


これはフォトリーディングしたことを、潜在意識領域から自覚できる顕在意識上に引き出
してくる作業です。

こう書いたら、とっても難しく聞こえますが


「 質問を明確にし、探すだけ 」です。


フォトリーディングした後、その本に対する質問を明確にして、その答えを探していきま
す。

大体活性化は3分ぐらいです。

 大まかですが、私がフォトリーディングで実践している( していた )のは
上記のとおりです。

 もし、フォトリーディングとかにご興味がありましたら
「 あなたも10倍速く本が読める 」という黄色っぽい本が、よくまとまっていて
なかなかいいですよ。




 

 SRS速読については、質問が少ないですから、習得されている方はそんなに
多くないのかもしれないですが



 SRS速読はフォトリーディングとはコンセプトというか体系が違います。
 
 SRS速読は( 私には )かなりというか相当に難しかったです。
フォトリーディングは速読じゃないんじゃないか・・とも思いましたし  とりあえず、すぐに出来ましたが

SRS速読は、本当に・・ソートーに根気がいりました。( 自らに素質がなかったからかもしれません。)
 
天風哲人の方法を実践しながら並行してやったために、根気力やら信念が出てきたために

ある程度マスター出来たのではないか?と自己分析しています。
続きを読む

↑このページのトップヘ