ジーニアスQuest

 読んで頂いた方が、心の管理法や目標達成力を培うためのパワフルな方法
   継続力をつけるための習慣化のノウハウ
  や速読など能力開発等の記事をアップしています。  

中村天風に学ぶ

潜在意識はナマケモノ  潜在意識は万能!というパラダイムからのシフト シンクロニシティ ユング・・マーフィーetc




潜在意識はナマケモノ  潜在意識は万能!というパラダイムからのシフト


最近、私の小冊子やらサイトを知った方から

「 潜在意識のクリーニング( クレンジング ) というのには驚きました! 」

とか

「 岡崎さんは一般の本とかに書いていることと違うことを書いていますが
潜在意識はナマケモノというのは、やはりそうだったか・・と納得しました! 」
とかいうメールやら

 潜在意識のクリーニング法について
「 もっと簡単に書いてくれればいいのですが・・ 」


 とかいった要望もありました。(^_^;)







これは以前からひつこくメルマガで書いていますが

私自身、「 潜在意識の( なか )のクリーニング法 」につきましては

心を統御する根っこの方法の一つであるという確信がありましたので
何百冊もの本とか論文とかを探しに探しまくって見つけた内容です。




 あなたの大事な心のお手入れを怠って
自覚できない水面下に沈み込んだ・・隠れた傾向の心ともいうべき潜在意識のなかを汚しっぱなしにしていると


じわじわと


感じせしめる感応性能の働きが衰えて


目詰まりをおこしたようになって

生活やら心身を統制するための


個我において最高権能の力

である意志の力が出にくくなります。


 感じることで( 思う )ことが出来ますから

  アンテナの調子がおかしくなると



 感謝に溢れ溶かされて

  朗らかで平安に

   積極的に思いたくても思うことが断然困難になります。





傍から見たら


  と〜っても恵まれた外的環境( 境遇 )にいたとしても

いったん擦り切れたようになってしまうと



本人は、ちっとも恵まれていると

   感じることが出来なくなっていきます。


 
 これは、私の実体験からも強く断言することが出来ます。(^_^;)

続きを読む

不安にさせるニュース対処法  ★元気溌剌オロナ●ンCなニュースを選ぶ」

不安にさせるニュース対処法  「元気溌剌オロナ●ンCなニュースを選ぶ」




「 天風哲学では悲しんだり、怒ったりしてはいけないとあるのですが、ニュース
などで悲しいニュースを見ても、悲しんだり怒っては駄目なのでしょうか? 」


というご質問をいただきました。


これもよくご質問がありまして


  天風哲人の方法を真剣、熱心に実践している立場からお答えするなら


 ( ただし、私( 岡崎 )は、別に天風会員でもなんでもないですので、これが
天風会の公式見解とされたら困りますので、念のため申し添えます。(^_^;) )





自分自身の感じせしむるアンテナとも言うべき

感応性能が積極化しないうちは

心を暗くさせたり

恐れさせ、怯えさせたり

 卑猥・猥雑にさせたり


 不安にさせたりするニュースやら映像・音声はシャットアウトしたほうがいいですよ。





 出来るだけ

 明るく強く清く

颯爽と元氣になるものだけを取捨選別して観るほうがいいかもしれません。


もちろん

 悲しくつらく悲惨なニュースを観て


人の不幸を自分のように嘆き悲しむといったことは


人として、とても尊いかと思います。

私( 岡崎 )もそのように思います。

ただ

私の場合は

悲しく、暗いニュースやら
不安にさせたり不平不満を煽る類のニュースやらなどは、極力見ないようにしていますし



( 基本的に、ほとんどテレビを見ていませんが )

「 ( 悲しいニュース映像等を見て )人の不幸に同化し、あたかも自分の
ことのように同情し悲しむ 」というようなことは

   ( していない )です。



思考は現実をつくる という観点から
続きを読む

環境がよくないからあたしゃ不幸だよ? カント・・デカルト・・天風哲学 純粋実践批判


 

読者の方からの質問にお答えしたなかで、考え方や
実践のヒントになりそうなものを一部( 加筆 )編集して掲載します。


Oさん!  記事掲載にご快諾いただき感謝します。

( 以下抜粋引用 )
Oさま

お世話になります。
岡崎です。

>
> 岡崎さまは思想にも通じておられるのですね。
> どこに焦点を当てるかでいろんな考え方が出てきますね。
>

私は、理工系だったのですが
大学時代は、心理学とか哲学とか精神世界とか
ニューソート系だとか光明思想とか


そういうジャンルも読みまくっていましたので。( 汗
聖書なんかもかなり徹底的に読みました。

( このときに、天風哲人の心身統御法( 述書 )に出会っていれば・・と思いま
す )


 出会っていたら、ここまで

( しないでいい苦労 )をしなくてよかったかと・・。 

ちなみに
私は、デカルトよりも・・どっちかと言うとカント派です。

カントのほうが内的軸がしっかりしています。

( Oさんには釈迦に説法かもしれませんが・・。 )

ただし、だからと言って
デカルトの説を否定している訳ではありません。
外界の影響からの触発やら経験によっても「 思い 」は当然生じます。





しかし

一方では

このルートとは別に



思考領域とは別次元の領域から

すなわち

超感覚的で

超経験的な
経験によらない


カントらが定義している
( 我在る )

という

心の上位の
あるいは( 内奥の )「 我 」から

思考様式に影響を与える作用とルートもあり

我が主観( 認識 )を作り


その主観が

外界の対象をある一定の形式で統合をし得る力が人間には賦与されているよ・・
ということです。

これが

カントの学説であろうと私は思っています。

専門家ではないので難しい専門用語を駆使できないのが誠に残念で
もどかしいですが



もうちょっと具体的には



デカルト的な考え方でいくと


環境がよくないから
あたしゃ不幸だよ・・( ← ちびまるこちゃん風 )

という論調になっていきます。

続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
当ブログについて

このブログは、仕事や生活をする上で
役立った方法等を紹介しています。
 

 メルマガも発行しています。



記事検索
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ