↑ ↑ ↑
これは世界的に話題になった動画なのですが
天才中の天才のイーロンマスク氏が、こんな失態をするのだろうか?
と不思議に思っています。
私は、ヒビ割れの仕方やぶつかった瞬間の鉄球の音の響き方からして
耐久性を検証するためにデモに使われた車の窓ガラスは、
アーマー・ガラスではなく
話題性を見込んで、わざわざヒビ割れを想定済みの´一般のもの´をつけてたのではないか?と推測しています。
( 理由は後述します )

イーロンマスク氏は天才中の天才とされてる方なので
赤っ恥も見越した愛ある茶目っ気の炎上商法だったのかもしれない。


結果的に


この発表( デモ )が世界的に話題になり

直後にテスラは7%株価が下がりましたが
ABCニュースだけでなく、あのBBCにまで取り上げられて
世界的に宣伝され20万台の注文が入ったそうです。




なぜ、エンターテインメント的なやらせ(fake)の可能性があるか?

私が疑問を抱いた理由をこれからいくつか説明します。




Fakeの可能性を感じたのは

「テスラ サイバートラック 発表会 ライブ」全体を
You tubeで見たときの違和感です。



全体をとおしで見ると問題の窓ガラスにひびが入るデモの前に
アーマーガラスの耐久性デモがあり

4m程度の高さから鉄球を落としても
ヒビひとつ入らないデモがありました。

10分21秒くらいから、そのデモが始まります。



この時の鉄球の自由落下の速さを高校物理程度の知識で

ざっと計算してみると4mからの自由落下で計算し終速 時速31


これに対して実演デモでデザイナーの方が同じ鉄球を窓ガラスに向けて投げたスピードは
動画を見る限り、一投目が、おおよそ時速60~70
2投目が、おおよそ時速50~55
運動エネルギーとしては自由落下の時と比べて
窓ガラスにぶつけたときの衝撃エネルギーは約3~4倍になりますが
ヒビ割れの仕方や窓ガラスに鉄球が当たった直後の音(の響き方)からして
デモに使った車に本当にアーマー・ガラスが使われていたか疑問が残ります。




アーマーガラスを使った鉄球の自由落下による耐久性の検証デモ実験を拝見する限り
着地速度 時速60勸幣紊砲覆襦々發15mで落として衝撃エネルギーを
4mから落としたときの約4倍にしたとき
アーマーガラスにヒビが実際に入るイメージ・・
( 何度もイメージの仮想空間の中で実験のシュミレートをしても )
私には、ひび割れせず無傷で跳ね返るイメージしか出ませんでした。




自由落下のデモに使ったアーマーガラスに鉄球がぶつかった瞬間、刹那の音と
デモとして使った車の窓ガラスに鉄球がぶつかった瞬間の音(の周波数、響き方)も違う。


自由落下の鉄球の場合は、アーマー・ガラスにぶつかった瞬間に
金属ほどではないにしろ高い周波数の音が多く出ており違いが顕著。

車の窓ガラスのほうはヒビが入ったから鈍い音になったのだろう・・
という仮説も立てられなくもないですが、
たとえヒビが入ったからとて
鉄球がぶつかった時に全く高周波の衝撃音が出てないのは不自然です。




参考までに

以下がサイバートラックの車の窓ガラスの耐久テストの別の比較デモ画面です。
Vwゴルフとサイバートラックの窓ガラスの耐久を比較した動画です。

500gの鉄球が窓ガラスに当たった瞬間の音の衝撃音の周波数が、
鉄球の自由落下の耐久テストのアーマーグラスの衝撃音と酷似してるのを確認できる一方で
問題のあった車のデモの時に投げて当てた際のガラスの衝撃音の響きが
以下と全く違うことがわかります。







なおイーロンマスク氏は、後にツイッターで

割れた原因は手順にあり

「最初に前方のドアを大型ハンマーで思いっきり叩いたことで
窓ガラスの見えない部分が損傷し
車の窓ガラスの耐久性が落ち
鉄球を軽く投げた程度の衝撃で窓が割れることになった。

鉄球を窓ガラスにぶつける→前方ドアを大型ハンマーで叩く

という順番なら割れなかったはず」。

と説明し

鉄球を投げても割れてない動画までアップしています。




ですがデモ動画を改めてよく見ると


大型ハンマーで強く叩いていない影響が少ないはずの後部の窓ガラスも
軽く鉄球を投げてすら著しいヒビが入ってます。





ですのでイーロン氏の説明には矛盾があります。



それに、もし全く想定しておらず実際にこういう信じられないハプニングが起こったら

いくら場慣れしてる百戦錬磨の方でも
一瞬、動きや呼吸が止まって筋肉が強張り表情も強張るはずです。


ですが、想定外の事態が起きる前と起きた後のプレゼンター( デザイナー )の動きを
動画を止めたりして注意深く観察する限りでは
ハプニングが起きた後のデザイナーの方に筋肉の強張りや呼吸の乱れを全く
一瞬すら観察することが出来ません。

デザイナーはもちろんイーロンマスク氏も余裕綽々で
表情が強張ったり緊張もせず淀みなくリラックスしてデモを続けています。(´∀`)




以上のようなことを考え合わせると

わざわざヒビが入りやすい耐久性の低い、違う材質のものを
公開デモで用いた可能性が高い


わざと失態を演じる遊び心と笑いと話題性を提供した高度なフェイクと私は見ています。





むしろ話題にさせることを緻密に計算し
世界的赤っ恥覚悟の道化を演じる炎上商法を狙った大博打( 演出 )だったとしたら、
そっちのほうが凄いし
エンターテナーとしても笑いを提供していて超一流ですね。(´∀`)

私は織り込み済みと考えてますが
もし、想定外だったとしたらトラブルに対し
凄い神対応をしたお手本と言えるでしょう。




PS

私の推測違いで、もし仮に、本当に想定外、失態だったとしても
イーロンマスク氏は天才中の天才だから、あり得ない・・ということから、
こういう深読みの忖度記事を私みたいに書いてもらえる方もいるってことになるし
天才は得ですね。(´∀`)