前回のメルマガ(150号)でお約束した「 速読をテーマにした記事 」を執筆してみようと思います。
と言いましても、速読については、書き尽くし感があることは否めません。

それに、私よりも速読が出来る方々は、ごまんといらっしゃると思います。


実際的にも、自分自身の速読感覚の事を千万の言葉で描写しても他の方と共有できなきゃ意味がないのですが、それも踏まえた上で書いてみます。(汗





速読の際に、呼吸が凪いできて意識が深まってくると

「 目に入ってくるものを眼が受け容れるような感覚が出てくる 」ということについて述べてみたいと思います。

私たちが本を読むとき・・

一般的には、目で文字を追って、文字を見ようと言う働きや批判や解釈をする意図を強く働かせて本を読みますよね。

 ですが

意識が深まって変容した状態で読む『 速読的な情報の把握の仕方 』というのは、全く違います。


このときの情報の把握の仕方というのは

言語意識が休憩して、心のおしゃべりが止み


視野が広がって

目を通じて入ってくる文字群の模様を( 受動的に )静かに受け容れ、後頭部の視覚野で映しとっていく・・というような感覚になる・・ということです。

文字群を受け容れる感覚を養うためのトレーニングのやり方・・というのは、まだ研究中ですが


後頭部のやや上方を意識し、視野を広げます。

http://homepage2.nifty.com/issintensuke/rapidreading1.html


次に

目に入ってくる文字群そのものを、絵として後頭部の視覚野( 後頭葉 )で受け容れる( 受け取っていく )
( 文字が飛び込んでくる )ような感覚に自らを仕向けて行きます。

★「 私は、文字群を絵( 映像 )として受け容れ後頭葉に響かせる・・」と言い聞かせるとよいかと思います。



後頭葉については、以下のページで確認してください。

後頭葉 ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E9%A0%AD%E8%91%89

実際に私たちは、眼球で外界の事柄を見ているわけではありません。


眼球というのは、外界の印象( 映像 )を脳に伝える末端器官ですから。


やや尻切れトンボ気味ですが

最初は眼で情報を取るような感覚から

視野を広げて、眼球の奥の後頭葉を意識して、

そこ( 後頭葉 )に向かって、
そこ( 後頭葉 )で映像(の印象、響き )を受け容れる・・というように命じて、
丹田呼吸で意識を深めていけば、その感覚が出てくると思います。