観念要素の更改の研究考察  旭日による観念要素の更改との連携





「 観念要素の更改がなかなかうまくいきません・・最初は簡単だと思ったのですが、どうにもうまくいかず焦っています 」


というご質問も時々寄せられます。



「 観念要素の更改 」という方法は、思ったり考えたりする仕事をしている顕在意識層( 表層 )よりも更に下層の

思考原料( 観念要素 )が貯蔵され、思う為の材料を提供しているところの材料を暗示を利用して


「 歪んだ想い、卑しく消極的なもの 」から「 尊く清く溌剌とした積極的なもの 」に入れ替え改める方法です。







枕に頭をつけてから寝入るまでのとろんとしたとき( 寝入りばな )に想うことは



浅ましく卑しく暗く悲観的で消極的なものだろうが



尊く気高く感謝に満ちた積極的なものだろうが、お構いなく



潜在意識領にダイレクトかつ無条件に印象されやすく、



「 とろんとした( 寝入りばな )に想うこと 」が積み重なっていくことで「 思わせる原料 」として

無意識的なものも含めた思考活動及び神経系統に影響するという経験を踏まえた事実があることから



それを心の態度の積極化や心の統御に応用していく方法と言うこともできます。



潜在意識倉庫に詰まった観念要素を綺麗にしていくことは、



当の本人をして

あぁ!ありがたいなぁ!愉快だなぁ!長閑だなぁ!といった現象界にまさに顕現している真善美に関与する事柄( 恵み )に対して

幸福(感)を直に感じせしめ

生きがいを強く感じせしめられる「 感じ方を司る感応性能の調子を整え、

事柄を受け止める態度を積極化せしめる力 」と直接連結されています。





他人がどう思おうが当の本人は

諸事万事の事柄に心がいちいち揺さぶられ難くなって

「 晴れてよし曇りてもよし富士の山 」の心境で恬淡明朗・・泰然自若とし

幸福感に満ちた積極的な気持ちで生きられたら、それは本当に幸せなことだと私も思っていまして、

「 観念要素の更改 」自体が、他人と比べたり競うようなことではありませんので



「 あまり難しく考えたり、焦ったりしないで 」

就寝前と起床時の儀式をゆったりした気分で丁寧にやって

枕に頭をつけてから寝入るまでの時間を尊く有難い気持ちに仕向けていかれたらよいと思っています。





日々の生活の中で自己信頼感やしみじみとした幸福感( 多幸感 )、

わくわく感が増してきたらしめたもので、佳い兆候( 上手くいっている証拠 )です。





なお





以前のメルマガやブログでご紹介しました



「 旭日による観念要素の更改 」も並行してやると



生活のリズムがよくなって

枕に頭をつけてから寝入るまでの時間を尊く有難い気持ちにしやすくなるのではないか?と密かに期待しています。(笑)



朝起きたら、



素直に、おてんとうさまに感謝するだけのことでして



 この方法も他人と比べたり競う( 争う )ような方法では決してありません。





ちなみに



この方法も苦心惨憺して閃いた方法の一つでして

自分自身で実践して成果を体験、確認した方法ですが

独り善がりは避けたいので、ノウハウを公開して成果測定もしていまして





このノウハウについては、ある一定数以上の成果報告をいただけているので頻繁にご紹介しています。



今月も嬉しいご報告をいただきました。



ただし



このノウハウ( 旭日による観念要素の更改 )については、今を遡ること1年数か月前に現在の場所に引っ越しをして以降は、

諸般の事情で( お薦めしている当の本人自身が )あんまり実践継続できていません。(汗

( 研究を深められないのが実に残念です )








この方法は、別に真新しいものでも何でもなく



歴史的には、江戸時代末期に神道家として非凡な活躍を為さった黒住宗忠公が最初に意志( 意図 )して

真剣に実践を為さったのではないか?と推察されます。



強いて挙げるなら



私自身、尊敬している御方の一人である弘法大師( 佐伯真魚 )も

真言百万遍修行の場所として寝食を忘れてご修行なされたとされる場所( 御厨人窟 神明窟 )自体が

「 東南が拓けた場所 」だったようですので

佐伯真魚が行修中に洞窟内で目覚めたときに朝日が差し込んでいて

似たようなことになるケースもあったのじゃないか?と思われます。

( 時間と機会が許せば室戸岬の「 かの地 」に赴いて確認してみたい誘惑に駆られるのですが )





 ↓ ↓ ↓



御厨人窟 神明窟





ただし





旭日による観念要素の更改をお薦めしている私( 岡崎 )の場合は、こういった歴史上、とてつもなく偉い人とは、違っていまして(汗





私は「 きわめて普通の人 」でして、弘法大師や黒住宗忠公らが体験為さったような神秘体験とかとは、全く無縁の人間ですので、

その点は、ご容赦ください。(汗