高次元の書や思想の威力 「 低次のものは高次元のもので鎮められる 」




読者の方から、ご質問があり以下のようにお答えしました。
掲載の了解が得られましたので一部についてご紹介します。

( ここから )


お返事ありがとうございます。
岡崎です。


>岡崎様、嫉妬心を取り除く方法で岡崎様の意見をききたいです。
私の潜在意識はまだ>綺麗にクリーニングされてない状態ですね。
>雑念、妄念ですね。嫉妬心について岡崎様なりの解釈などもあればぜひ教えてほしい>です。

嫉妬は人類の古くからの敵という格言みたいなのもあったように思います。


人間には比較したり、分類したりする心の働きがありますので
そういう心を役立ちやもっと価値高いものを作ろう・・という方向に向けないでいたら
他人と比較することで生じやすい不足感からくる嫉妬心や劣等感というのは必然的に生じます。

( これが逆に発動した場合は他人を見下す優越感ということになりますが、これも劣等感の裏返しで〔 不足感が根底にある 〕と思います )



で・・・そういう他人と比較して云々・・という心ばかりを発動させていたら、とかく「 世間(の目) 」に振り回されることになったりしますし

そういうのを避けるのは非常に難しいですが・・

 そういうのが発動し難くする手が幾つかあります。



 最も有効なものは、思考の背後に氣づく・・ということや「 われとは何ぞや 」ということに自覚を促し、心身の制御の助けになる何らかの高次元の思想や哲理( 書物 )に日々ふれて、その思想を学び、
高次元の思想が醸し出す高貴な香りで浸して歓喜と感謝を心に磁化させることに努めると

低劣な情念やら低級な想いに観念を引き摺り回されて

( 内なるわれ )を見失って( われ )がマインド( 心 )に吸い込まれて墜ち込むことから避けられやすくなるのではないでしょうか?

低次のものがいくらよってたかってきても次元の一段上のものが発動すると鎮められるというのは
一次元( 二次元 )的生物の尺取虫が何百匹もよってたかって、いくら足掻いたとしても
三次元空間で活動している鳥には敵わないというようなものかと思います。


 それに

心( 潜在意識 )がクリーニングされて生かす力の受け容れ量がぐんぐん増え
 生きる力がもりもり昂進し内在の本心・良心の働き( 輝き )が増してくると

こういった不愉快で嫌な感じ( 刺激 )を誘う思い方は
本来の尊く清く思いやりに満ちた「 積極的な思い方 」ではないな・・
というのに気づきやすくなっていくのじゃないかと思います。

 心の奥座敷のクリーニングが上手くいって 

( 仮想の )眉間の奥からの意志の力( Will Power )が煥発しやすくなって
干渉力が高まってくると更に違ってくるかと思います。

 意志の力は

 ( 呼吸 )にも( 想い )( 情緒 )にも干渉できる不思議な力です。




 ( ちなみに、眉間の奥からの意志の力の煥発というのをアジナ・チャクラが活性化すると説明している方もいますよね )


 ついでに



理想に向けて熱烈に直向きな努力をしている人も
( そういうのを思う暇がない・・と申しますか・・忙しくて )
そういう類のものが溶かされて無縁になってくる( 薄らいでくる )かと思います。

 ( ここまで )