今回は、虚空蔵求聞持法について( 実践 )研究したことがあるので書いてみようと思います。
この真言念誦の行法は、欲張らず先ずは腹を練って丹田開発を十分にして丹田および下半身、足下に氣が鎮まり易くなってからでないと体験上体液のバランスが崩れて頭に氣が集まりすぎ一般人にはリスクがある方法だと思っていますが


実践方法は弘法大師全集の「 求聞持次第 」という項目のなかで拾うことが出来ます。


( 以下略 )

この記事については


虚空蔵求聞持の真言の累積と体験に移設していますので、そちらをご覧ください。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3980790398399531"
data-ad-slot="9657592230"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">