身体の力をすっと抜いて自然体で






サイト等を実践なさっている方から、もうちょっとわかりやすくしてくれませんか?
文章が長いです・・という要望もありました。(汗


長過ぎますし読み難くて申し訳ないですが
 
いちおう、こだわりは持っています。
 
( 以下の感想も参考にしてください )
 
 
 
( ここから )




>
初めまして。
> 貴殿のサイトを何度も何度も読み直している、初心者のKと申します。
>
貴殿のサイトは読み直していく度に、だんだんと感想が変わっていきます。
>
>
 サイトを見つけたとき: 「なんか、おもしろそうな内容だな」
>
 →「なんだか、一回読んでも内容がよく掴めないぞ。なんでこんなにわかり
> にくく、長く書くんだろう?」
>
 →「メモをしながら読んでも、やっぱり内容が頭にすんなり入ってこないぞ
> 。
>
    でも、『何が大事って書いてあったっけ?』と疑問符が思った時、
>
   サイトの中に繰り返し書いてあった重要な部分『潜在意識のお掃除』『
> ありがとうございます』

>    『身体の力をすっと抜いて自然体で』が、いつのまにか頭に浮かんでく
> るぞ」
>
 →「頭で、『サイトの構造』とか『書いてあることの整理』が理解できてい
> ないのに、
>
>
>
   頭の深いところに『エッセンス』?が貯まってきているぞ」
>  
>  しばらくしてからようやく、このサイトは、
>
 「すんなり分析できて、こういうことが書いてあった、理解(表面上)した
> 」:顕在意識対象
>
で終わってしまうことを避けて、
>  「分解・分析せずに、潜在意識に深くしみこませる」:潜在意識対象
>
ために書かれている、ことがわかりました。
>  そして、その書かれ方のほうが、受け手である自分にとっては「とても為に
>
なる」ということもわかりました。
>  いままで読んだ本はどれも、
>
 「順序良くわかりやすく、分析しやすく書かれていて、著者が何を言いたい
>
か、何が大事かすぐにわかる」(咀嚼しやすく消化しやすい)が、
>
 「読んだ本人である自分とはまるで関係ない」「自分は何も変わらない」
>
だったので、このはじめての体験は、とてもおもしろいものでした。
> 自分の頭で咀嚼して、自分の栄養になる体験でしたからね。
>



( ここまで )
 
 


 こういったご感想も嬉しいご報告のひとつでして




 いろんな方から各人各様の「 ( 嬉しい )体験報告 」をいただいていますが




ちなみに


「 漢方薬のようにじわじわ効く感じがする・・ 」というご感想をいただいたこと
もありますし、
かと思えば「 即効性がある! 」という体験報告をいただいたこともあります。


自らでは気づかぬ心である「 潜在意識 」をターゲットにして書いてはいますが




 以前のわたしのように「 回り道して欲しくない 」


 この一念で必死で丹念に書いていったら・・






氣がついたら、ああいうホームページが・・氣がついたら出来ていた・・というのが
本音なんです。
 
また
 
 上記のご感想にもありますように

 






そもそも私のメインサイトは小説ではないですので
 




 あんまりにもすらすら読む、、読ませるような構成にしてしまうと
 
 読んでわかった気になって自己満足!一服の清涼剤で終わってしまう・・
それは避けたい・・と思いまして
 
そういう( わかりにくい故に問題意識が出てくるようにし
 
  後で重要なことが染み込みやすい )サイト構成にしています。
 
 
 
 


 
 ある意味アホかもしれませんね。(笑)
 
 
朝目が覚めたら
 
 とっとと朝日を浴びてご覧なさい!
 

これをやるだけでも生かす力の受け入れが豊富になると同時に



気づかぬ心ともいうべき

表面の心の奥の潜在意識領( のパイプ )にこびりついたマイナス因子のお掃除になりますよぉ〜!
 
 
というたった( これだけ )( これしき )のことを述べるのに
 
 
ワード形式で印刷しようとすると
 
 これだけで80ページくらい書き込んでいるらしいです。(汗
 

 

 朝日による観念更改法


こんなことをしているのは


 ( 自慢にもなりませんが )
  世界広しと言えど
 
  私くらいのものでしょう。(汗

 









ちなみに











先週から今週にかけても、いろんなメールをいただきました。




 天風哲人の口述書を読んでも


 さっぱりわからない・・という
 私が最も凹みやすい質問も受けたりしていますが(汗


 


 「 われの正体( 本体 )は心でも無いし体でも無い 」
 

  こういった内容は、いくら分析的論理的に考えて考えて考え抜いても
            ( わかる )ことではないかもしれません。
 
  それに


  思ったり考えたりする思考領域のさらに下層面の奥倉庫
気づかぬところの心である( 潜在意識領 )のメンテナンスを怠って



   奥座敷が始末に負えないくらい不要残留本能心由来のマイナスの観念材料でいっぱいになって



分裂状態になると



 理性心では、そういうのはよくないと警告的に忠告しても
( 心身をひとつにまとめて使う最高の権限のある意志の力が出難くなって )止められない止められない・・



  お道具の心( 正確には、マイナスの観念要素に縛られ支配された潜在意識 )に振り回されてしまい




 こういうことに気づかせてくれる書に


        たとえ運よく、奇跡的に出会えたとしても(汗




 さーーーーーーーーっぱり腑に落ちない・・わからない・・ということになったりします。
 
 




 考えて考え抜いてわかるわかり方というのは二義的ですし
 
 いくら考えても考え切れない・・と思ったら



  シンプルかつ大らかに信念する( 信じて念じる )のも方法のひとつじゃないかなと思います。

( 結局そこかい!おいおい・・という声が聞こえてきそうですけど  )








 にっこり笑って、楽しく生きる方法、心身を強くする実際方法を実行しさえすれば
 
  普通( ふつーーー )に朗らかに生きれますから。
 




 まあ、こういう記事を執筆している私( 岡崎 )なんかは

 心も弱く暗く不平不満と恨み( 要するにマイナスの塊 )、、神経過敏で葛藤も多く


 ( 自業自得とはいえ )辛いことが折り重なって



 人生は重き荷を背負って生きるようなものだ・・



 心を使いこなすなんて無理!と思い込んで





諦めていた頃もありまして










 大事な心のアンテナともいうべき感応性能の働きも衰えて、見るもの、聞くものが癪( しゃく )の種、

いつも神経をピリピリ尖らせまくって心を弱く暗く臆病に生きていた頃がありますので( お恥ずかしい話 )






 私のような者が書くと余計に説得力があるかもしれません。






 ちなみに




  私の場合


  ある事情で結構大きな借金を抱えていた頃もあったり


  虚弱状態になって、病のオンパレードになったこともありますが






  大きな借金を抱えていた頃のストレスよりも


   煩悶に喘いでいた頃のほうが遥か彼方イスカンダルに辛かったです。














いずれにしろ




 心身統一法を焦らず弛まず、、しかし熱心に実践したら


心身を統一せしめる高次の力が自然に出やすくなって


 どうやら立派な人間になるしか道が残されていない( 一本道しかない )
みたいですので十分な用心と警戒が必要みたいですけど(汗




 熱心にやっている方ほど
 
 ( 内的 )渇きみたいなのが出てくる方もいらっしゃるかもしれません。





 そういう内的な渇仰、憧憬が湧き上がる、、という方は


 せっかくなら
 
「 あるヨギの自叙伝 」も研究したほうがよいかもしれません。


 非暴力、不服従を貫いてインドをイギリスの植民地支配から独立させた

インド独立の父であるガンジーが( あの当時25歳近く年下なのに師と仰ぐ人物なんていうのは
並の御方ではないのは明白です。(汗
 

http://123tenpu.livedoor.biz/archives/50384223.html
 
 
 

私の場合は、大学生の時に、結構真剣に取り組んだ聖典( 聖書やら仏典 )研究ばかりでなく
 ( 恥ずかしながらカミングアウトしてしまいますが )本の題名は伏せますがある一冊の本をきっかけにして密教的なことやらにも興味を持って
 
 
( 無謀・・ 無茶にも程がある・・と申しますか )ヨーガのなかでもエソテリックなことを独習しようとして
 
 最初のうちはよかったのですが


 やっていくうちに


 いろんな負の作用が心身両面で出てきて、思い出すのもゾッとする恐ろしいくらい・・


抜け出すのに大変でした。


 
 
 
 

ですので
 

そういう自身の体験もあるので、サイトやらブログには無難なことしか( 当然 )書いてません。

















 その一方で









「 あるヨギの自叙伝 」は別格・・という位置づけで観ています。





 それに
 
天風哲人の心身統一法がバイパスし馴らすことで



   望ましい状態へ穏やかに移行せしめる( ソフトランディングされやすい )のではないかと思っています。