観念要素の更改がうまくいかない 




サイトの内容を実践した方からのご報告やご質問のうち
Tさんからのメールを紹介させていただきます。


私の回答部分は一部を編集、加筆して( 抜粋して )掲載しています。



Tさん!記事掲載にご快諾くださり感謝します。




( ここから )


Tさま


お返事ありがとうございます。
岡崎です。






>
それは、例えば、市販のイメージ誘導のCD等を使ってCDの言葉通りにイメージする場面があるのです
>
が、そこでイメージをしようとしても、心のなかで批判的な判定をされて「そんなもの手に入
>
>
るわけがない」「何をやっても無駄」などどというマイナスの思いが湧いて、どうもイ
> メージすることに集中できないのです。
>
それは以前「観念要素の更改法」を実践しているときにも同じようなことがありました。
>
>
「観念要素の更改法」に関して、岡崎さんのレポートを読んで、かつ「 成功の実現 」を読ん
>
で、素晴らしく簡単にできる方法があると頭で納得していました。
> そして、いざ実践しようと、夜寝る前に気持ちを明るく朗らかに生き生きと、と気持

>

> ちをコントロールしようとするのですが、やはり批判的な判定をして、
>
>
「ムダでしょ」「何やってんだか」という思いが湧いてきて、毎日試みていたのですが、どう
>
>
にも気持ちを明るくすることができなかったのです。










生命生存力が消耗し、お疲れになっているというのもあるかもしれません。


そういう思いが湧いてきたら


1日中働いてくれた心を労いありがたく感謝し


心に親切にしてあげる・・ということ




 くつろがせ楽しませてあげるだけですので

「 ムダ 」ではない・・と


あなたのお道具の心に心地よく言い聞かせてあげればよいのではないでしょうか?




眠りとの境界線のとろとろしたときに




  ひたすら


  あらゆることでどんどんよくなっている というプラスの言葉を


ささやきながら心地よく眠りに入るという方法もあります。


 なぜなら


 このプラスの言葉に集中( 没頭 )したら、そういう奥底の思いは発動し難いですから。







 

  





下記サイトページの中段にも丁寧に書いているように


よくなっているというのに異和感を感じる方は
「 私は、日々あらゆる面で新しく、すばらしくなっている 」でもよいでしょう。


 潜在意識領のクリーニング法






( ※視覚化しようと努力する必要はありません。 
視覚化、映像化は潜在意識に任せて、、
このプラスの予期作用を誘うプラスの言葉を、心を込めて唱えている内容から誘発される
温かく明るく、、しっとりした気持ちを、じっくり感じとるようにするのがコツです )








 また










 朝起き掛けの( 半意識の )ぼーーーっとしたときに


すぐに戸外に出て


 瞑目して


  朝日の光を




   瞑目したまま


   全身で浴び味わうと非常によかった・・というご報告もいただいています。




 ちなみに




私が、発見し系統化したことは、お日さまという光の本体、、
特に朝日の光が人間の心身に与えるプラスの佳き影響に関して


あまりに「 簡単で 」 「 当たり前すぎて 」多くの方が見落としてきたこと、、


その潜在的な重要性を深く再認識させ


 かつ


心身が弛んで脳波が、ぼーーっとしたα1波状態に( 自然の摂理で )嫌でも、なったとき、、




 という心が外界の印象を吸収しやすくなっているときに行う、、
という「 暗示の浸透しやすい時間帯の原則 」を使うことで、


効験が出やすいように、きちんと系統的に整理しただけに過ぎない・・とも言えます。







 朝日の光による観念要素の更改法

  


 ですが




日本人の伝統やら風習にも調和したマイナス観念の凝り・・汚れを瞬間払拭し、
プラス・イメージで満たす信じないでよいHow to Doの方法ですので。


 




>結局「観念要素の更改法」はその後
>
5回ほどやろうとして、結局心のなかの批判的な判定に負けてしまい、そういう批判にさらされて寝るく
>
>
らいなら一旦止めたほうがいいのかなと思い、実践しては諦め、実践しては諦めで、
>
>
今に至ります。結局その批判的な心をコントロールするのは自分の意志なのかもしれませ
>
>
ん。でも普段意識のある時はコントロールできても、夜寝る前直前とか、イメージの
>
>
CDを聞いて潜在意識が優勢の時はどうしてもコントロール出来ないのです。
> この潜在意識優勢時の時のマイナスのコントロール法があれば、アドバイス

>
>
いただけると助かります。




奥底から湧き上がる思い・・批判的で辛らつな判定の声のトーンをゆっくりにして、威圧感を減らしたり


トーンが高めのコミカルでクスッと笑えるキーキー声にしたりして変えることは出来ませんか?




それに




 そういった批判的な判定の声には、あなたの失敗を防いだり


物事をもっとうまく処理出来るように助けたりするポジティブな意図があることも


忘れてはならないことかもしれません。
  









「ムダでしょ」「何やってんだか」


の奥には、失敗を防ぎ
 物事をもっとうまく処理できる



  優れた方法を既に知っているから


 そういう批判的な判定が出る・・という観方もあります。


批判的な判定の声は、あなたを傷つけるのではなく


あなたの大きな失敗を小さな失敗に防いだり


物事をもっとうまく処理出来るように助けたりするポジティブな意図があるということ







 こういうことをしっかり知っておくのはとても大事なことかもしれません。
















自他を助け進化向上に順応するために・・という動機があったら
我( が )の力ではない、見えざる吾・・そして、進化向上を促そうとする力が背後に働くため



  そういう植えつけられた反射的に解釈する誤ったプログラミング由来の奥底の何か



( 批判的で辛らつな判定の声でげんなりさせられること )が



   本来的方向に働きやすくなるかと思います。










 また


心と体は複雑に絡み合い相互に強く影響しあっていますので


 体の扱い方と視線制御を就寝前にプラス暗示と共に植え付ける


  
  眉根をきっと上げ視線を上方の眉間の位置にし


   額に涼しさを感じ




 
   胸を気持ち、ぐっと張るのを習慣づけるだけで


 マイナス( に囚われて葛藤する )影響を受け難くなります。




  意志の力が回転力を産んで好循環させる秘訣は以下のページをご覧ください。






      習慣をつくり変えて( わだち )にする秘訣
          ↓ ↓ ↓
   http://homepage2.nifty.com/issintensuke/jinseikouten6.html






( 2通目 )


Tさま


お返事ありがとうございます。
岡崎です。




( 中略 )






>
ちなみに以前女性の友人たちと話をしていた時に、いかに自分たちが
>身近な方々の口癖や躾、育てられ方などによって植え付けられた心の中の奥底の何かに

>
> 批判、判定されているかといういうことで盛り上がったことがありました。同席してい
>
>
た男性はまったく同感も共感もなかったです。
>
育てられ方の違いかもしれませんが、性差かもしれませんね。
>


いえ


盛り上がるのもごもっともです。


 




 幼少の頃に体験したことは強い印象として観念要素となって
奥底に貯蔵されていますし
子供の頃の育てられ方、躾けられ方というのは非常に大きいと思います。


「 7つの習慣 」にも
子供の頃の育てられ方、躾けられ方によって形成された
心の中の身近な方に批判、判定されて混乱、葛藤している・・
というのを違う表現で( How to Say )で説明したページがありました。




( How to Say )で説明されたからって




  どうやったらいいのか?という( How to Do )については


「 7つの習慣 」では、全く言及されてませんでしたけど。(^_^;)










   で








 天風哲人の合理的で科学的な心身統一法は


  反射的、反応的にマイナスに解釈してしまう癖と言いますか・・影響が






( 実践によって )少しずつ弱まって


 面白く有難い見方、捉え方が出来るようになっていく


NLPのテクニックを
セミナーとかで
いーーーくら頭( の表面 )に詰め込んでも出来なかったことが


 ポジティブな意図として( 自然に )とらえやすくなった!


というご報告をいただいたりしていますので。








そういうのも、実践で、少しずつ



心のバグを取り除いて空回りさせて


本来の真の主体性を回復させることができ






お仕事や生活にも実に有益で役立つ・・ということからも、


心身統一行法は、とてつもない行法だと思っています。
















>そういった批判的な判定の声には、あなたの失敗を防いだり
>
>物事をもっとうまく処理出来るように助けたりするポジティブな意図があることも
>
>忘れてはならないことかもしれません。
>

>「ムダでしょ」「何やってんだか」
>
>の奥には、失敗を防ぎ
> 物事をもっとうまく処理できる
>
>  無駄でない、馬鹿でもない・・優れた方法を既に知っているから
>
> そういう批判的な判定が出る・・という観方もあります。
>
>批判的な判定の声は、あなたを傷つけるのではなく
>
>あなたの大きな失敗を小さな失敗に防いだり
>
>物事をもっとうまく処理出来るように助けたりするポジティブな意図があるという
>
こと
> こういうことをしっかり知っておくのはとても大事なことです。
>


>
という部分は、そういう視点があったのかと、ちょっと目からウロコでした。
>
表に現れた言葉の裏をそのように解釈すると、一見雑言でも自分へのエールとなりま
>
すね。
>








そうとらえたらよいかと思います。






 批判的な声にポジティブな意図がある・・という


NLP的な考え方をセミナー等に参加することで理屈で知っていても




そう解釈しようとしてもなかなか出来ないし






いざというときは役立たなかったりする・・というご報告もいただいていますが(^_^;)








少しずつ自らの進歩を( 実際体験で )確認できる


 単純明快な心身統一法を




 焦らず弛まず地道に実践したら


自己信頼も増して


( セミナーとかに何度も参加してすらも出来なかった


NLPのテクニックもちょっとずつ使いこなせるようになって )


自然にポジティブに尊く強い方向に解釈できるようになっていくかと思います。








>
一番最初に実践できそうなのは、奥底から湧き上がる声をキーキー声に変えてみると
>
>
いうところですね。










 そうですね。


  これも、自らの心身を科学的に統御する行法をしっかり実践することで


奥座敷のお掃除が進むと




心身の内的制御力が少しずつ高まって




 暗示法等で精神力も強化されていき
 
かつ


心身は吾の要具というのが自覚( 自然承認 )できて


( 実践前より )こういうNLPのテクニック的なことを用いることが
容易に出来るようになるかと思います。




お試しになったらよいかと思います。


 


 ( ここまで )