人生のどんな悩みも解決する【 鏡の法則 】 ( ジェームズ・アレンらの原因と結果の法則について  )


 人生のどんな悩みも解決する「 鏡の法則 」
 
直接PDFを閲覧できます。
  ↓ ↓ ↓
人生のどんな悩みも解決する「 鏡の法則 」

お読みになっており既にご存知の方も多いかもしれませんが紹介しておきますね。


この小冊子は、加筆され「 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール 」
として出版もされていますのでご興味のある方は購入なさってもいいかもしれませ
ん。

  鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

  



この小冊子の主人公でA子さんとして登場する母親が、自分自身が少女の時に許せな
かった父親の言動や振る舞いを

この小冊子に書いている方法を実行して許すことで

ある種の( 自分自身を縛っていた )エネルギーが解放され

黒雲として覆われていた心の目が開かれ「 父親 」の振る舞いの奥にあるものに
氣づき

その赦しの行為によって悩んでいた息子のいじめが解けていくというプロセスを
「 物語 」にして紹介しています。

ある種のエネルギーというのは

あくまで私の見解ですが

「 自分が規制をかけて出来なくさせていて止めていた流れ 」を「 塞き止めてい
たもの 」を開放したと言い換えることも出来るでしょう。



 「 感謝できること 」「 迷惑をかけたこと 」を具体的に自己省察する方法は
「 内観 」と呼ばれていて
伝統的な心理療法として今でも心療内科の治療の一環として使われています。



ですので

内観法( 見調べ法 )などの心理療法を学んでいらっしゃる方や私のサイトを
お読みになっている方も腑に落ちやすいかと思います。

ちなみに

 著者の野口嘉則さんによると、この小冊子に書かれていることは「 実話 」だそう
です。


 私もじっくり読みましたが

この小冊子の主人公のA子さんの思いやりある誠実な姿には心を打たれるものが
ありました。


 勇氣を出してお父様と和解するための愛と赦しの行動を起こし「 自身の心に埋ま
った否定的脚本 」を「 行動 」で書き直したA子さんに拍手喝采を送りたいし




A子さんの「 思いの鋳型 」を喝破した野口嘉則さん( この小冊子にB氏として
出てくる )の洞察力と経験にも心からエールを送りたい氣持ちです。


この小冊子は、あなたもお読みになって「 実践 」なさったらいいかもしれませ
ん。

( 私が )氣になった小冊子の箇所をピックアップしますね。


( 以下引用 )


 8P引用

「 あなたが大事なお子さんを人から責められて悩んでいるということは、あなた
が、誰か感謝すべき人に感謝せずに、その人を責めて生きているからなんです。」


11P引用


 お父様に対する『許せない』という思いを存分に紙に書きなぐって下さい。
怒りをぶつけるような文章で。『バカヤロー』とか『コノヤロー』とか『大嫌い!』
とか、そんな言葉もOKです。

具体的な出来事を思い出したら、その出来事も書いて、『その時、私はこんな気持ち
だったんだ』ってことも書いてみてください。

恨みつらみをすべて文章にして、容赦なく紙にぶつけてください。


気がすむまでやることです。

( 以上引用終わり )

 これらの方法は、過去の出来事のうちで「 不愉快な体験・情況 」を
思いつくまま感じるままに吐き出す「 筆記俯瞰法 」に似ています。


  以下の長〜いサイト・ページの【 後段 】に

私のオリジナルですが「 筆記俯瞰法 」について書いていますので興味のある方は
ご覧ください。

  潜在意識のなかのマイナス想念の素をお掃除しよう

 

  筆記俯瞰法を実践するときの注意点など 


 私がこの小冊子「 鏡の法則 」に対して抱いた見解や考察も入れておきますね。


 
 この小冊子の主人公のA子さんがこの野口嘉則さんが提案した方法を実行して
うまくいったのは

A子さんは悩みを解決するためなら、何でもやる覚悟が出来ていて腹をくくっていた
( 決意していた )ということが非常に大きいです。




 また

A子さんが悩みを吐き出して心の重荷を軽く出来た秘訣のひとつは







「 時間を十分にかけて躊躇せずどんどん書いた 」からでしょう。






 
 心の奥底に沈積してネックになっている消極的な感情と結びついた不快な情況
出来事として潜在している過去の記憶( 印象 )や( 本音の )思いというのは



ネックになっているものであればあるほど




理性心でぎゅうぎゅうに封じ込めていて最初は出てこない
のです。

 しかし、どんどん書いていくうちに

過去のできごとに執着する気持ちや恨み、つらみが溶けていくはずです。


 ですので

連想されるままに感情的なしこりを

 思いつくままに思いついた順番に( 格好つけたりしないで )理性的に検閲
したりせずに


どんどん連想されるままに

自分の感情を書き出す( 吐き出す )ことで表面化させることが重要です。


 A子さんみたいに2時間くらいかけて十数枚のレポートに吐き出して書き出しても
「 出てこない 」場合もあります
ので・・。


 

 A子さんが氣がすむまでやったというのもうまくいった要因でしょう。



 ただ


どんな問題も解決するというのは、やはりやや誇張しているかもしれません。



他人に対して深い慈愛を抱いて、家族を大事にし、自分自身も大切にしている人で
あっても

突然、不運命が訪れることも人生には多々あります。

 信じられないような裏切りや理不尽な恨み、痛み、悲しみというのは( 当人にし
か )わからないし、計り知れないものがあり、( 当人にしか )背負えないもので
す。




ですから全てのパズルが解けるわけではないということは心に留めておくほうがいい
かもしれません。

また

( 筆記俯瞰法も含めて )

この方法も「 対症療法 」ですので、根本的な方法である天風という方の方法論も
併せて実践なさってくださいね。


 ( 関連ページ )

中村天風とV・Eフランクル 心の態度を積極化( PMA )する方法 ジェームズ・アレン「 原因と結果の法則 」との比較



( 参考記事 )



夢を叶える宝地図のこと・・ちょっとした秘訣
 ↑ ↑ ↑
 この宝地図・・有名ですが・・うまくいく方とうまくいかない方・・思いっきりワカレルようでして・・・私も原因がよくわかりません。

  ↓ ↓ ↓
願望実現のパターン 潜在意識が活性化すると 無意識の活用と自己実現

  
 何れにしろ・・どんな能力開発やら自己啓発の学習をするにしろ・・
  心のお手入れといいますか  
   潜在意識のクレンジングが重要というのは・・非常に痛感します。  
   

宝地図の実現力を高める方法 自己実現( 願望実現 )・・自己啓発のためのテープ学習
     とかも参考になるかもしれません。

欲する事柄をグングン引き寄せる・・習慣化のための日常心得

 上記をベースに・・ご自身のライフスタイルやら
  好みに応じて・・それぞれアレンジ為さってもいいかと思います。